平成26年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−18
図書館の図書の貸し出しを記録するユースケースに基づいて、以下のシーケンス図を
書いた。 ここから想定されるクラス図に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 

 @ 会員クラスと蔵書クラスの間に直接の関連はない。
 A 会員クラスは、最大で2つのメソッドを持つ。
 B 貸出クラスから会員クラスへは、誘導可能でない。
 C 蔵書オブジェクト自身が、貸出状態を持つ。
 D メソッドokToBorrow()の戻り値の型はvoidである。



【正解】 @

@会員クラスと蔵書クラスの間に貸出クラスがあり、直接関連はない。
A問題に「想定される」と記載されており、最小で2つの
B
誘導可能とは、一方のクラスがもう一方のクラスへメッセージを送信できるか
 どうかのことをいう。
 貸出クラスから会員クラスに貸出Noを送信できているため、誘導可能である。
C蔵書オブジェクトが貸出状態を送信している。
D戻り値として r が定義されているため、少なくとも void (何もない) ではない。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−17 目次 V−19
ファーストマクロ TOPページ