平成26年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−5
オブジェクト指向プログラミングについて、次の(a)〜(c)の説明が表す概念の組合せ
として、最も適切なものはどれか。
 
 (a) データの構造とデータへの操作をひとまとめにすること
 (b) 同じメソッドを異なるふるまいで実行させること
 (c) あるクラスAのフィールドやメソッドをクラスBがそのまま同様に利用できること

               
 @ カプセル化 抽象化     汎化
 A カプセル化 ポリモフイズム 継承
 B クラス   ポリモフイズム 汎化
 C 情報隠蔽  抽象化     継承
 D 情報隠蔽  ポリモフイズム 汎化



【正解】 A
カプセル化は、データの構造とデータへの操作をひとまとめにすること
ポリモフィズムは、同じメソッドを異なるふるまいで実行させること
継承は、あるクラスAのフィールドやメソッドをクラスBがそのまま同様に利用できること
抽象化は、本質的な概念として定義すること。
汎化は、複数のクラスに共通する部分を一般化すること。
特化は、抽象クラスから下位のクラスに特殊化すること。(汎化の逆)

なお、情報隠蔽はカプセル化に含まれる概念である。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−4 V−6
ファーストマクロ TOPページ