平成24年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−17
ディジタル信号への標本化と量子化に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ 信号の周期が標本化間隔の2倍より大きければ、元の信号を一意に再現できる。
 A 信号の標本化においては、ランダムな時間間隔でサンプリングを行う必要がある。
 B 標本化により、サンプリング周波数の2倍未満の周波数の信号は、元の信号を
   一意に再現できる。
 C 量子化誤差を生じさせないためには、標本化間隔を十分小さくする必要がある。
 D 量子化ビット数を2倍にすると、4倍の周波数の信号まで元の信号を一意に
   再現できる。




【正解】 @
@正しい。
標本化定理の説明である。
Aランダムな時間間隔でサンプリングを行っては、復元ができない。
B
ナイキスト周波数は、ある信号をサンプリングするとき、
 そのサンプリング周波数の 1/2 の周波数のこと。
 ナイキスト周波数よりも高い周波数でサンプリングすれば、元の信号を
 一意に再現できる。つまり、
 標本化により、サンプリング周波数の2分の1未満の周波数の信号は、
 元の信号を一意に再現できる。
C
量子化誤差は、アナログ信号をデジタルに変換する際に生じる誤差のことであり、
 標本化間隔とは関係がない。
D量子化ビット数と信号の復元とは関係がない。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−16 目次 W−18
ファーストマクロ TOPページ