平成22年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−22
一筆書きストロークをコンパクトに表現するために、以下のように、注目画素から
隣接8方向に対して3ビットコードを割り当てるチェインコードが知られている。

 ┌────┬────┬────┐
 │ 3(011) │ 2(010) │ 1(001) │
 ├────┼────┼────┤
 │ 4(100) │注目画素│ 0(000) │
 ├────┼────┼────┤
 │ 5(101) │ 6(110) │ 7(111) │
 └────┴────┴────┘

下図で与えられる輪郭線を表現するチェインコードとして正しいものを、
次の中から選べ。ただし、開始画素は黒、その他の輪郭線画素は
グレーで表現され、輪郭線は反時計回りにたどるものとする。
また、チェインコードの先頭 (1,0) は開始画素の座標値を表している。
 

 @ (1,0) ,2,4,6,5,6,7,0,2,1
 A (1,0) ,5,7,7,0,0,2,3,3,4
 B (1,0) ,6,7,0,3,3
 C (1,0) ,0,7,7,6,4,4,3,3,1
 D (1,0) ,2,1,2,0,7,6,5,6,4



【正解】 A

座標(1、0)から開始して、まずは左下 (コード割り当ての5) をたどり、
座標は (0、1) になる。 次に座標は (0、1)から、
右下 (コード割り当ての7) をたどり、座標は (1、2) になる。
順次たどっていけば A で表現できる。
なお、Cだと時計回りにたどる。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−21 目次 W−23
ファーストマクロ TOPページ