平成21年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−27
次のUMLクラス図について、最も適切な説明を@〜Dの中から選べ。

 

 ┌──────┬──────────────────┐
 │ クラス名 │                  │
 ├──────┼──────────────────┤
 │シャープ処理│画像をめりはりのある印象に変換する。│
 ├──────┼──────────────────┤
 │ぼかし処理 │画像をやわらかい印象に変換する。  │
 ├──────┼──────────────────┤
 │TIFF画像│TIFF形式のファイルを扱う。   │
 ├──────┼──────────────────┤
 │JPEG画像│JPEG圧縮データのファイルを扱う。│
 └──────┴──────────────────┘


 @ 「ぼかし処理」クラスは多重継承をしている。
 A 「画像」クラスは抽象クラスであり、「画像処理」クラスは具象クラスである。
 B 「画像」クラスと「画像形式」クラスの関係を、集約という。
 C 「TIFF画像」クラスのインスタンスは、ぼかし処理を利用できる。
 D 「シャープ処理」クラスのインスタンスは、TIFF画像を読み込むことができない。



【正解】 B

@多重継承は複数の親クラスの性質を継承することであり、「ぼかし処理」は
 それに該当しない。
A画像クラスも画像形式クラスもイタリック (斜体) で表記されているため、
 どちらも抽象クラスである。
B正しい。集約は、全体と部分の関係を示し、UMLクラス図では全体側の方に
 白のひし形で表す。
Cぼかし処理の属性やメソッドを継承していないため、利用できない。
D「シャープ処理」のインスタンスから、TIFF画像の「読み込む()」を呼び出すことで
 TIFF画像を読み込むことができる。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−26 目次 W−28
ファーストマクロ TOPページ