平成21年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−19
ディジタルカメラで静止した風景を撮影する。下図に示すように、ある位置P
から撮影した画像Aと、カメラを水平かつ光軸と垂直に平行移動させ、
位置Qから撮影した画像Bとを比較した。すると、数十km先の山並みは
全く同じ位置に写っていたが、電柱Eは画像上で40画素ずれて写っており、
車Cは画像上で20画素ずれて写っていた。電柱Eと車Cはともにカメラの
ほぼ正面にあり、移動前後のカメラ位置を結ぶ直線PQから電柱Eまでの
距離は4mである。このとき、直線PQから車Cまでの距離として、@〜Dの
うち最も近いものを選べ。
 

 @ 2m  A 5.7m  B 8m  C 16m  D 24m



【正解】 B

視差の問題である。
電柱E、車C、位置P、位置Qの位置関係を下図のように表す。
なお、f は焦点距離である。



相似の考え方を利用すると、
電柱Eについては、
 4m : PQ = f : 40画素

車Cについては、直線PQから車Cまでの距離を Xm とすると、
 Xm : PQ = f : 20画素

従って、
PQ × f = 4 × 40 = X × 20 となり、
X = 4 × 40 ÷ 20 =
8m

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−18 目次 W−20
ファーストマクロ TOPページ