平成21年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−15
実行可能な4つのプロセスA、B、C、Dがこの順番に実行可能キューに入って
おり、CPUの割付待ち状態になっているとする。各プロセスの実行時間は、
Aは800ミリ秒、Bは400ミリ秒、Cは200ミリ秒、Dは600ミリ秒とする。
オペレーティングシステムがこれらのプロセスを200ミリ秒のタイムクォンタム
(タイムスライス) で切り替え、ラウンドロビンスケジューリングを行う。
実行可能キューの先頭のプロセスから実行を開始し、11.5秒経過した
時点の実行中のプロセス名とそのプロセスが使用したCPU時間を選べ。
プロセス切り替えの時間は無視してよい。

 @ プロセスA、500ミリ秒
 A プロセスB、100ミリ秒
 B プロセスC、100ミリ秒
 C プロセスD、500ミリ秒
 D プロセスD、100ミリ秒



【正解】 @

タイムスケジュールは以下の通り。

   0 〜 200ミリ秒 
プロセスA
 200 〜 400ミリ秒 プロセスB
 400 〜 600ミリ秒 プロセスC (プロセスCは実行完了)
 600 〜 800ミリ秒 プロセスD
 800 〜1000ミリ秒 
プロセスA
1000 〜1200ミリ秒 プロセスB (プロセスBは実行完了)
1200 〜1400ミリ秒 プロセスD
1400 〜1500ミリ秒 
プロセスA (累計時間は500ミリ秒)

【類題】
H17 W-16

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−14 目次 W−16
ファーストマクロ TOPページ