平成21年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−8
次の論理式Fのカルノー図として最も適切なものはどれか。

 F = ABCD + A CDB C DA B C D + B C D
 




【正解】 C

AかBのいずれかが1ならば A + B = 1である。
また、
AかBのいずれかが0ならば AB = 0である。

これを踏まえて、
ABCD
A CD
B C D
A B C D
B C D
のいずれかが1であれば、F=1となる

ABCD が1になるのは、A,B,C,Dがすべて0のとき。@〜Dすべて該当
A CD が1になるのは、 (A, C, D) = (1, 0, 0) のとき。@〜Dすべて該当
B C D が1になるのは、 (B, C, D) = (0, 1, 0) のとき。CDが該当
A B C D が1になるのは、(A, B, C, D) = (0, 1, 1, 1)のとき。CDが該当
B C D が1になるのは、 (B, C, D) = (1, 0, 1) のとき。@CDが該当。

正解はCと発表されているが、CDが正解。
おそらく、出題のDはCD=10と11がテレコになって間違えていると
考えられる。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−7 目次 W−9
ファーストマクロ TOPページ