平成21年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−9
プロセッサに関する次の記述のうち、最も適切なものを選べ。

 @ マルチコアプロセッサの最大の特徴は、1つの命令に対し複数のデータ
   ストリームを並列に実行できる点である。
 A 対称型マルチプロセッシングを行うには、同時マルチスレッディングが
   必須である。
 B 複数のプロセッサコアを1つのCPUパッケージに集積したマイクロプロ
   セッサのことをマルチコアプロセッサという。
 C スーパースカラープロセッサとは、パイプラインのステージ数を増やし
   命令レベルの並列性を高めたプロセッサのことである。
 D 同時マルチスレッディングを用いると複数の命令列を同時に実行
   できるため、プロセッサ内部の実行ユニットの使用効率は低下する。



【正解】 B

@
マルチコアプロセッサの最大の特徴は、複数の命令に対し、複数のデータ
 ストリームを並列に実行できる点である。
A同時マルチスレッディングでもマルチプロセッシングでも構わない。
B正しい。
C
スーパースカラープロセッサは、パイプラインの数を増やし命令レベルの
 並列性を高めたプロセッサのことである。
D
SMT (同時マルチスレッディング) は単一CPUで、複数の実行スレッドを
 同時に実行するプロセッサ機能である。
 プロセッサ内部の実行ユニットの使用効率は向上する。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−8 目次 W−10
ファーストマクロ TOPページ