平成19年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−7
半導体デバイスに関する次の説明のうち、最も適切なものを選べ。

@ SRAMはコンデンサに電荷を蓄えた状態かどうかで情報を記憶している。
A DRAMは記憶保持のための定期的なリフレッシュ動作を必要としない。
B SDRAMは非同期動作をするDRAMであり、パソコンのメモリ等に用いられている。
C フラッシュメモリは、電気的に内容の消去や書き換えが可能なROMとして開発された。
D CCDは電気信号を光信号に変換する働きをもち、ディジタルカメラ等に用いられている。



【正解】 C

@DRAMはコンデンサに電荷を蓄えた状態かどうかで情報を記憶している。
  SRAMはフリップフロップ回路を用いて、情報を記憶している。
ADRAMは記憶保持のための定期的なリフレッシュ動作が必要である。
B
SDRAM (Synchronous DRAM ) は、クロック信号に同期して動作し、
 データ転送効率を高めるように改良されたDRAMである。
C正しい。
D
CCD (Charge Coupled Devices = 電荷結合素子) は、
 半導体記憶素子の一つであり、光を電気信号に変換する。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−6 目次 W−8
ファーストマクロ TOPページ