平成18年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−25
IPアドレスに関する次の記述のうち、誤っているものを選べ。

 @ DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) を利用することで、
   IPアドレスの付与を自動的に行うことができる。
 A グローバルアドレスは ICANN (Internet Corporation for
   Assigned Names and Numbers) などの組織によって管理されており、
   日本にもIPアドレスを割り当てるための組織がある。
 B クライアントサーバ通信において、クライアントはARP (Address
   Resolution Protocol) を用いて、アクセスするサーバのホスト名を
   IPアドレスに変換するのが一般的である。
 C プライベートアドレスの範囲はRFCによって規定されており、組織内に
   閉じたネットワークでは自由に利用できる。
 D プライベートアドレスを持つ機器がインターネット上の機器にアクセス
   するときには,プロキシサーバなどグローバルアドレスを持つ機器を
   経由する。



【正解】 B

@
A
ICANNは、ドメイン名、 IPアドレス、プロトコルポート番号などのインター
 ネットの各種資源を世界規模で調整する民間の民間の非営利法人である。
B誤りである。
 
ARP (Address Resolution Protocol) は、IPアドレスからMACアドレスを
 求めるプロトコルである。 サーバのホスト名をIPアドレスに変換するのは、
 
DNS (Domain Name System) である。
C
RFC (Request for Comments) は、元々は多くの意見を求めるための
 標準仕様などをまとめた文書のことであった。今では、
 インターネットに関する事項を規定している場合もある。
D
プロキシサーバは、プライベートアドレスを持つ機器に代わって、インター
 ネットに接続するサーバのことである。プロキシには
代理という意味がある。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−24 目次 W−26
ファーストマクロ TOPページ