平成18年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−13
T型フリップフロップを使って3ビットの2進カウンタ (=8進カウンタ) を
構成できるものを、次の図の中から選べ。T型フリップフロップとは、
クロック (CK)のネガティブ・エッジ (1から0へ変化する) をタイミングとして、
T入力が1のときに、それまでのQ出力を反転するものを指す。
T入力が0のときは、Q出力をそのまま保持する。出力はQ出力の否定を
いつも出力する。クロックのタイミングでT入力が変化するときは、タイミングの
前のT入力の値に基づいて動作するものとする。Q出力は初期状態では0を
出力するものとする。






【正解】 @

T入力が1のときに、それまでのQ出力を反転するものを指すため、
ネガティブ・エッジ (1→0) のタイミング毎に
0 の値は 0 → 1 → 0 → 1 ・・・と変化する。

0 の値が 1→0 のタイミング毎に
1 の値は 0 → 1 → 0 → 1 ・・・と変化する。

同様に
1 の値が 1→0 のタイミング毎に
2 の値は 0 → 1 → 0 → 1 ・・・と変化する。

まとめると、以下の通り、8進カウンターを構成できる。

 ┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
 │T │0│1│2│3│4│5│6│7│
 ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │Q0│0│1│
│1││1││1│
 ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │Q1│0│0│
│1││0││1│
 ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
 │Q2│0│0│0│0│
│1│1│1│
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘



EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−12 目次 W−14
ファーストマクロ TOPページ