平成17年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−31
次の売り上げ表を第3正規形まで変換した場合、表の数の最も少ない場合は
何個になるか。選択肢から選べ。


 ┌───┬────┬────┬───┬───┬────┬──┬──┐
 │伝票ID│メンバID│メンバ名│ 日付 │商品ID│ 商品名 │単価│数量│
 ├───┼────┼────┼───┼───┼────┼──┼──┤
 │ 1 │ 100│ 佐藤 │ 07-03│ 2315 │パットA│ 300│ 2 │
 ├───┼────┼────┼───┼───┼────┼──┼──┤
 │ 1 │ 100│ 佐藤 │ 07-03│ 2316 │パットB│ 350│ 5 │
 ├───┼────┼────┼───┼───┼────┼──┼──┤
 │ 2 │ 102│ 鈴木 │ 07-04│ 3215 │パットC│ 330│ 5 │
 └───┴────┴────┴───┴───┴────┴──┴──┘

 @ 1  A 2  B 3  C 4  D 5



【正解】 C

第2正規化
は、主キーまたは主キーの一部によって一意に定まる属性を
別テーブルに分離することである。

第3正規化は、テーブル内にある主キー以外の項目に従属する
関係 (推移従属) を別テーブルに移し、どのテーブルもすべての属性が
主キーに対して完全従属の状態にすることである。

まず問題の表を第2正規化する。
伝票IDが決まれば、メンバID, メンバ名、日付が一意に決まる。
商品IDが決まれば、商品名, 単価が一意に決まる。
従って、第2正規形は以下のとおりとなる。
 伝票ID, 商品ID, 数量
 伝票ID, メンバID, メンバ名, 日付
 商品ID, 商品名, 単価

次に第3正規形は
メンバIDが決まれば、メンバ名が一意に決まることから以下のとおりである。
 伝票ID, 商品ID, 数量
 伝票ID, メンバID, 日付
 メンバID, メンバ名
 商品ID, 商品名, 単価

従って表の数は4個である。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−30 目次 W−32
ファーストマクロ TOPページ