本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和3年度 春期 応用情報技術者試験問題と解説

問75

ハーシィ及びブランチャードが提唱したSL理論の説明はどれか。

ア 開放の窓、秘密の窓、未知の窓、盲点の窓の四つの窓を用いて、自己理解と対人関係の良否を説明した理論

イ 教示的、説得的、参加的、委任的の四つに、部下の成熟度レベルによって、リーダシップスタイルを分類した理論

ウ 共同化、表出化、連結化、内面化の四つのプロセスによって、個人と組織に新たな知識が創造されるとした理論

エ 生理的、安全、所属と愛情、承認と自尊、自己実現といった五つの段階で欲求が発達するとされる理論


正解


解説

ア ジョハリの窓の説明である。

イ 正しい。SL理論 (Situational Leadership理論)は、状況対応型リーダーシップと呼ばれる。

ウ SECIモデル (セキモデル) の説明である。

エ マズローの自己実現理論の説明である。欲求5段階説欲求段階説などとも呼ばれる。

問74 目次 問76