本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 応用情報技術者試験問題と解説

問34

あるサブネットでは、ルータやスイッチなどのネットワーク機器にIPアドレスを割り当てる際、割当て可能なアドレスの末尾から降順に使用するルールを採用している。このサブネットのネットワークアドレスを10.16.32.64/26とするとき、10番目に割り当てられるネットワーク機器のアドレスはどれか。 ここで、ネットワーク機器1台に対して、このサブネット内のアドレス1個を割り当てるものとする。

ア 10.16.32.54

イ 10.16.32.55

ウ 10.16.32.117

エ 10.16.32.118


正解


解説

10.16.32.64/26は、
00001010.00010000.0010000.01000000 だから
ネットワークアドレスは、上位26ビットであり、ホストアドレスは下位6ビットで設定する。

ホストアドレス部分がすべて0はネットワークアドレスであり、また、すべて1はブロードキャストアドレスであるから、割り当てられないので、ホストアドレスは、
00001010.00010000.00100000.01000001 〜
00001010.00010000.00100000.01111110
すなわち
10.16.32.65 〜 10.16.32.126となる。

従って、割当て可能なアドレスの末尾から降順にIPアドレスを割り当てると、以下のとおりとなる。

1:10.16.32.126
2:10.16.32.125
3:10.16.32.124
4:10.16.32.123
5:10.16.32.122
6:10.16.32.121
7:10.16.32.120
8:10.16.32.119
9:10.16.32.118
10:10.16.32.117

問33 目次 問35