本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和元年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問57

事業継続計画で用いられる用語であり、インシデントの発生後、次のいずれかの事項までに要する時間を表すものはどれか。

 (1)製品又はサービスが再開される。
 (2)事業活動が再開される。
 (3)資源が復旧される。

ア MTBF

イ MTTR

ウ RPO

エ RTO


正解


解説

ア MTBF (Mean Time Between Failure = 平均故障間隔) は、稼働してから故障までの平均稼働時間のことであり、MTBF = システムの稼働時間 / 故障回数 で求められる。

イ MTTR (Mean Time To Repair = 平均修理時間) は、故障から次の稼働まで (復旧まで) の時間、つまり、修理時間である。

ウ RPO (Recovery Point Objective = 目標復旧時点) は、障害等が発生してテータが破損したような場合に、過去のいつの時点まで復旧させるかを示す指標のことである。

エ 正しい。RTO (Recovery Time Objective) は、障害等が発生した場合に、目標復旧レベルまで復旧するのに要する時間を示す指標のことである。

問56 目次 問58