本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和元年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問54

10人のメンバで構成されているプロジェクトチームにメンバ2人を増員する。次の条件でメンバ同士が打合せを行う場合、打合せの回数は何回増えるか。

〔条件〕
 ・打合せは1対1で行う。
 ・各メンバが、他の全てのメンバと1回ずつ打合せを行う。

ア 12  イ 21  ウ 22  エ 42


正解


解説

n人でリーグ戦を行う時の試合数を求める問題と考え方は同じである。

n=4人で、それぞれ、Aさん、Bさん、Cさん、Dさんとすると
Aさんは、B、C、Dさんと3回打合せする。
Bさんは、A、C、Dさんと3回打合せする。
Cさんは、A、B、Dさんと3回打合せする。
Dさんは、A、B、Cさんと3回打合せする。
しかし、全体ではそれぞれに重複して打合せ回数を数えているから、2で割る必要がある。
したがって、n=4人の場合、打合せ回数は、4×3÷2 = 6回である。

同様にして n人の場合、一人につき (n−1) 回打合せするため、全体の打合せ回数は
n× (n−1) ÷2回となる。

これを踏まえると、
10人の場合の打合せ回数は、10×9÷2 = 45回
12人の場合の打合せ回数は、12×11÷2 = 66回
したがって、打合せ回数は、6645 = 21回増える。

問53 目次 問55