本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和元年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問23

コードから商品の内容が容易に分かるようにしたいとき、どのコード体系を選択するのが適切か。

ア 区分コード

イ 桁別コード

ウ 表意コード

エ 連番コード


正解


解説

ア 区分コードは、01:基本情報技術者、02:応用情報技術者、03:高度情報技術者などのようにグループ分けしてコードをつける。

イ 桁別コードは、1桁目と2桁目は年度区分、2桁目は春秋区分、4桁目は技術者区分、などのように、各桁に分類上の特定の意味を持たせてコードをつける。

ウ 正しい。表意コードはニモニックコードともいう。ニモニック (mnemonic) には「記憶を助ける」という意味がある。成田空港 = NRT、関西空港 = KIX などが該当する。

エ 連番 (順番) コードは、発生順に通し番号などのコードをつけていく。

問22 目次 問24