本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和元年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問13

メイン処理、及び表に示す二つの割込みA、Bの処理があり、多重割込みが許可されている。割込みA、Bが図のタイミングで発生するとき、0ミリ秒から5ミリ秒までの間にメイン処理が利用できるCPU時間は何ミリ秒か。ここで、割込み処理の呼出し及び復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。
 
 ┌───┬────────┬──────┐
 │割込み│処理時間(ミリ秒)│割込み優先度│
 ├───┼────────┼──────┤
 │ A │   0.5   │   高   │
 ├───┼────────┼──────┤
 │ B │   1.5   │   低   │
 └───┴────────┴──────┘

ア 2  イ 2.5  ウ 3.5  エ 5


正解


解説

0.5ミリ秒を■で表記し、割込みAを、割込みBを、CPU時間をとすると、以下のように処理される。

 0 1 2 3 4 5
 
■■■■

CPU時間は 0.5ミリ秒×4 = 2ミリ秒である。

問12 目次 問14