本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 応用情報技術者試験問題と解説

問56

次の処理条件で磁気ディスクに保存されているファイルを磁気テープにバックアップするとき、バックアップの運用に必要な磁気テープは最少で何本か。

〔処理条件〕
(1) 毎月初日 (1日) にフルバックアップを取る。フルバックアップは1本の磁気テープに1回分を記録する。
(2) フルバックアップを取った翌日から次のフルバックアップを取るまでは、毎日、差分バックアップを取る。差分バックアップは、差分バックアップ用としてフルバックアップとは別の磁気テープに追記録し、1本に1か月分を記録する。
(3) 常に6か月前の同一日までのデータについて、指定日の状態にファイルを復元できるようにする。ただし、6か月前の月に同一日が存在しない場合は、当該月の末日までのデータについて、指定日の状態にファイルを復元できるようにする (例:本日が10月31日の場合は、4月30日までのデータについて、指定日の状態にファイルを復元できるようにする) 。 

ア 12  イ 13  ウ 14  エ 15


正解


解説

例えば4月1日にフルバックアップをとり、4月2日〜4月30日までは、2本目のテープで差分バックアップをとる。
ここまでで2本必要。

5月〜9月も同様に2本ずつ必要となり、10本必要。
4月からだと、合計12本が必要。

10月1日にもフルバックアップを取るために、13本目が必要。
10月2日〜31日までは、差分バックアップをとるために、14本目が必要。

ここで、10月31日に障害が発生すれば、4月30日以降のデータについて復元できなければならいので、4月1日のフルバックアップと4月2日以降の差分バックアップで復元できる。

11月2日に障害が発生すれば、5月1日のフルバックアップと4月2日以降の差分バックアップで復元できる。(4月のバックアップは不要)

従って11月には5月〜10月までの6か月分の磁気テープ12本と11月の磁気テープ2本の合計14本が必要。

以上より、バックアップの運用に必要な磁気テープは14本である。

問55 目次 問57