本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 応用情報技術者試験問題と解説

問55

ITIL 2011 editionによれば、ITサービス継続性管理における復旧オプションのうち、段階的復旧 (コールド・スタンバイ) はどれか。

ア 遠隔地のデータセンタに機器を設置できる場所を確保しておき、災害時にはコンピュータ機器を設置し、ソフトウェアのセットアップやデータの復元を行って、ITサービスを復旧させる。

イ 遠隔地のデータセンタに本稼働システムと同一構成の機器を準備するとともに、本稼働システムのデータをバックアップしておき、災害時にはその遠隔地のデータセンタに切り替えてITサービスを復旧させる。

ウ 災害時のIT資源の相互利用について他の組織と合意しておき、災害時には他の組織のIT資源を利用してITサービスを復旧させる。

エ 同時に被災する可能性がほとんどない複数のデータセンタにシステムを分散して稼働させることによって、一部のデータセンタが被災しても顧客に対するサービスの深刻な停止を引き起こすことなく、ITサービスを即時に復旧させる。


正解


解説

復旧オプションは、手作業のワークアラウンド相互協定段階的復旧中間的復旧高速復旧即時的復旧がある。

ア 正しい。段階的復旧は、場所だけ用意する。
イ 高速復旧 (ホットスタンバイ) の説明である。高速復旧は、場所と機器と定期的なバックアップデータを用意する。
ウ 相互協定の説明である。
エ 即時的復旧 (ホットスタンバイ) の説明である。即時的復旧は、場所と機器と同期データを用意する。

なお、中間的復旧は、場所と機器を用意する。

問54 目次 問56