本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 応用情報技術者試験問題と解説

問36

情報セキュリティにおけるエクスプロイトコードの説明はどれか。 

ア 同じセキュリティ機能をもつ製品に乗り換える場合に、CSV形式など他の製品に取り込むことができる形式でファイルを出力するプログラム

イ コンピュータに接続されたハードディスクなどの外部記憶装置や、その中に保存されている暗号化されたファイルなどを閲覧、管理するソフトウェア

ウ セキュリティ製品を設計する際の早い段階から実際に動作する試作品を作成し、それに対する利用者の反応を見ながら徐々に完成に近づける開発手法

エ ソフトウェアやハードウェアの脆ぜい弱性を検査するために作成されたプログラム


正解


解説

ア エクスポートに関する記載と考えられる。
イ ファイル管理ツールやビューアーの説明と考えられる。
ウ プロトタイプの説明である。
エ 正しい。「exploit」には手柄、英雄的な行為などの意味があり、危険を冒してセキュリティを突破する行為が英雄な行為として取り扱われたことに由来する。

問35 目次 問37