本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 基本情報技術者試験問題と解説

問69

サイトアクセス者の総人数に対して、最終成果である商品やサービスの購入に至る人数の割合を高める目的でショッピングサイトの画面デザインを見直すことにした。効果を測るために、見直し前後で比較すべき、効果を直接示す値はどれか。

ア ROAS (Return On Advertising Spend)

イ コンバージョン率

ウ バナー広告のクリック率

エ ページビュー


正解


解説

ア ROAS (Return On Advertising Spend) は、広告費に対して、どれだけ広告経由で売り上げているのかを評価する指標である。
イ 正しい。マーケティング用語としてのコンバージョンは、成果成約の意味で使われる。
ウ バナー広告のクリック率で商品やサービスの購入に至る人数の割合を評価できない。
エ ページビューは、訪問者数が増加しているかどうかを評価できるが、商品やサービスの購入に至る人数の割合までは評価できない。

問68 目次 問70