本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 基本情報技術者試験問題と解説

問65

投資案件において、5年間の投資効果をROI (Return On Investment) で評価した場合、四つの案件a〜dのうち、最もROIが高いものはどれか。ここで、割引率は考慮しなくてもよいものとする。

 ┌───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┐
a│ 年目 │   │ 1 │ 2 │ 3 │ 4 │ 5 │
 ├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
 │ 利益 │   │ 15 │ 30 │ 45 │ 30 │ 15 │
 ├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
 │投資額│100│   │   │   │   │   │
 └───┴───┴───┴───┴───┴───┴───┘
 ┌───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┐
b│ 年目 │   │ 1 │ 2 │ 3 │ 4 │ 5 │
 ├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
 │ 利益 │   │105│ 75 │ 45 │ 15 │ 0 │
 ├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
 │投資額│200│   │   │   │   │   │
 └───┴───┴───┴───┴───┴───┴───┘
 ┌───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┐
c│ 年目 │   │ 1 │ 2 │ 3 │ 4 │ 5 │
 ├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
 │ 利益 │   │ 60 │ 75 │ 90 │ 75 │ 60 │
 ├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
 │投資額│300│   │   │   │   │   │
 └───┴───┴───┴───┴───┴───┴───┘
 ┌───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┐
d│ 年目 │   │ 1 │ 2 │ 3 │ 4 │ 5 │
 ├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
 │ 利益 │   │105│105│105│105│105│
 ├───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
 │投資額│400│   │   │   │   │   │
 └───┴───┴───┴───┴───┴───┴───┘

ア a  イ b  ウ c  エ d 


正解


解説

ROI (Return on Investment = 投資利益率) は、投資額を分母に、投資による収益を分子とした比率を算出し、投資に値するかどうかを評価する指標である。

a (15+30+45+30+15) ÷ 100 = 135 ÷ 100 = 1.35 = 135%
b (105+75+45+15+0) ÷ 200 = 240 ÷ 200 = 1.20 = 120%
c (60+75+90+75+60) ÷ 300 = 360 ÷ 300 = 1.20 = 120%
d (105+105+105+105+105) ÷ 400 = 1.3125 = 131.25%

したがって、案件aのROIが最も高い。

問64 目次 問66