本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 基本情報技術者試験問題と解説

問49

条件に従うとき、アプリケーションプログラムの初年度の修正費用の期待値は、何万円か。

〔条件〕
(1) プログラム規模:2,000kステップ
(2) プログラムの潜在不良率:0.04件/kステップ
(3) 潜在不良の年間発見率:20%/年
(4) 発見した不良の分類
  影響度大の不良:20%、影響度小の不良:80%
(5) 不良1件当たりの修正費用
  影響度大の不良:200万円、影響度小の不良:50万円
(6) 初年度は影響度大の不良だけを修正する

ア 640  イ 1,280  ウ 1,600  エ 6,400 


正解


解説

プログラムの潜在不良件数は 2,000×0.04 = 80件であり、1年間に
80×20% = 16件発見される。

このうち、影響度大の不良は 16×20% = 3.2件である。
初年度は影響度大の不良だけを修正するため、修正費用の期待値は、
3.2×200万円 = 640万円である。

問48 目次 問50