本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 基本情報技術者試験問題と解説

問48

ソフトウェアのテストツールの説明のうち、静的テストを支援する静的解析ツールのものはどれか。

ア 指定された条件のテストデータや、プログラムの入力ファイルを自動的に生成する。

イ テストの実行結果を基に、命令の網羅率や分岐の網羅率を自動的に計測し、分析する。

ウ プログラム中に文法上の誤りや論理的な誤りなどがあるかどうかを、ソースコードを分析して調べる。

エ モジュールの呼出し回数や実行時間、実行文の実行回数などの、プログラム実行時の動作特性に関するデータを計測する。


正解


解説

静的解析ツールは分析対象のプログラムを実行せずに分析を行う。
動的解析ツールは分析対象のプログラムを実行しながら分析を行う。

ア テストケース設定ツールの説明であり、動的解析ツールである。
イ カバレッジモニタの説明であり、動的解析ツールである。
ウ 正しい。構文チェッカソースコード解析ツールの説明である。
エ プロファイラの説明であり、動的解析ツールである。

問47 目次 問49