本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 基本情報技術者試験問題と解説

問40

リスク対応のうち、リスクファイナンシングに該当するものはどれか。

ア システムが被害を受けるリスクを想定して、保険を掛ける。

イ システムの被害につながるリスクの顕在化を抑える対策に資金を投入する。

ウ リスクが大きいと評価されたシステムを廃止し、新たなセキュアなシステムの構築に資金を投入する。

エ リスクが顕在化した場合のシステムの被害を小さくする設備に資金を投入する。


正解


解説

リスク対応策は以下の4つがある。
 リスクの回避・・・リスクの発生原因を取り除く
 リスクの低減・・・リスク発生の可能性を減らす
 リスクの転嫁 (移転) ・・・リスクとその結果を第三者に転嫁して避ける
 リスクの受容 (保有) ・・・リスクがあることを確認するが、処置は講じない

ア 正しい。リスクファイナンシングは、リスク転嫁の一つである。
イ リスク低減に該当する。
ウ リスク回避に該当する。
エ リスク低減に該当する。

問39 目次 問41