本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 基本情報技術者試験問題と解説

問39

楕円曲線暗号の特徴はどれか。

ア RSA暗号と比べて、短い鍵長で同レベルの安全性が実現できる。

イ 共通鍵暗号方式であり、暗号化や復号の処理を高速に行うことができる。

ウ 総当たりによる解読が不可能なことが、数学的に証明されている。

エ データを秘匿する目的で用いる場合、復号鍵を秘密にしておく必要がない。


正解


解説

ア 正しい。楕円曲線暗号は、楕円曲線上の離散対数問題を解くことの困難性を利用した公開鍵暗号方式の一つである。
イ 楕円曲線暗号は、公開鍵暗号方式である。
ウ 解読が不可能であることは、数学的に証明されていない。
エ 公開鍵暗号方式であるため、データを秘匿する目的で用いる場合には、暗号鍵を公開し復号鍵を秘密にしておく必要がある。

問38 目次 問40