本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成31年度 春期 基本情報技術者試験問題と解説

問37

パスワードリスト攻撃の手口に該当するものはどれか。

ア 辞書にある単語をパスワードに設定している利用者がいる状況に着目して、攻撃対象とする利用者IDを一つ定め、辞書にある単語やその組合せをパスワードとして、ログインを試行する。

イ パスワードの文字数の上限が小さいWebサイトに対して、攻撃対象とする利用者IDを一つ定め、文字を組み合わせたパスワードを総当たりして、ログインを試行する。

ウ 複数サイトで同一の利用者IDとパスワードを使っている利用者がいる状況に着目して、不正に取得した他サイトの利用者IDとパスワードの一覧表を用いて、ログインを試行する。

エ よく用いられるパスワードを一つ定め、文字を組み合わせた利用者IDを総当たりして、ログインを試行する。


正解


解説

ア 辞書攻撃の手口に該当する。
イ ブルートフォース攻撃 (総当り攻撃) の手口に該当する。
ウ 正しい。
エ リバースブルートフォース攻撃 (逆総当り攻撃) の手口に該当する。

問36 目次 問38