平成30年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問57
業務部門が起票した入力原票を、情報システム部門で
データ入力する場合、情報システム部門の業務として、
適切なものはどれか。

 ア 業務部門が入力原票ごとの処理結果を確認でき
   るように、処理結果リストを業務部門に送付する。
 イ 入力原票の記入内容に誤りがある場合は、
   誤りの内容が明らかなときに限り、情報システム
   部門の判断で入力原票を修正し、入力処理する。
 ウ 入力原票はデータ入力処理の期日まで情報
   システム部門で保管し、受領枚数の点検などの
   授受確認は、データ入力処理の期日直前に一括
   して行う。
 エ 入力済みの入力原票は、不正使用や機密情報の
   漏えいなどを防止するために、入力後直ちに廃棄する。



【正解】 ア

ア 正しい。
イ 情報システムの判断ではなく、部門に確認する。
ウ 受領枚数の点検などの授受確認は、授受の都度行うべきである。
エ 入力後に、入力ミスが発見されたような場合などに必要となるので
 一定期間は残しておく必要がある。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問56 目次 問58
ファーストマクロ TOPページ