平成30年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問49
アジャイル開発などで導入されている“ペアプログラミング”
の説明はどれか。

 ア 開発工程の初期段階に要求仕様を確認するために、
   プログラマと利用者がペアとなり、試作した画面や
   帳票を見て、相談しながらプログラムの開発を行う。
 イ 効率よく開発するために、2人のプログラマがペアと
   なり、メインプログラムとサブプログラムを分担して
   開発を行う。
 ウ 短期間で開発するために、2人のプログラマがペアと
   なり、交互に作業と休憩を繰り返しながら長期間に
   わたってプログラムの開発を行う。
 エ 品質の向上や知識の共有を図るために、2人の
   プログラマがペアとなり、その場で相談したりレビュー
   したりしながら、一つのプログラムの開発を行う。



【正解】 エ

ペアプログラミングは、2人のプログラマが1組となって開発を行うことである。
ドライバ」と呼ばれる方がコーディングし、「ナビゲータ」がチェックする。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問48 目次 問50
ファーストマクロ TOPページ