平成30年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問48
アジャイル開発のプラクティスの一つである“ふりかえり
(レトロスペクティブ)”を行う適切なタイミングはどれか。

 ア “イテレーション”の各回の最後
 イ “タスクボード”に貼ったタスクカードが移動
   されたとき
 ウ “ニコニコカレンダー”に全チームメンバが記入
   し終えたとき
 エ 毎日行う“朝会”



【正解】 ア

ア 正しい。
イテレーションは、アジャイル開発において、短期間で反復して
 開発することで完成度を高めていくサイクルの1つのことである。
 各回の最後にふりかえり (レトロスペクティブ) を行う。
イ 
タスクボードはタスクの進捗状況を ToDo (未着手)、Doing (着手)、Done (完了) の
 3区分で管理する。
ウ 
ニコニコカレンダーはメンバーの感情などを可視化して、士気を高めるための
 ツールの一つである。
エ 
朝会では、メンバー間で進捗確認や問題点などを共有化する。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問47 目次 問49
ファーストマクロ TOPページ