平成30年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問40
サイバーレスキュー隊 (J-CRAT) は、どの脅威による
被害の低減と拡大防止を活動目的としているか。

 ア クレジットカードのスキミング
 イ 内部不正による情報漏えい
 ウ 標的型サイバー攻撃
 エ 無線LAN の盗聴



【正解】 ウ

ウ 正しい。
 
サイバーレスキュー隊は、IPA (情報処理推進機構) が標的型サイバー攻撃の
 被害拡大防止のため、経済産業省の協力のもと、相談を受けた組織の被害の
 低減と攻撃の連鎖の遮断を支援する活動
」として発足させた。
 
J-CRAT は、ジェイ・クラートと読む。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問39 目次 問41
ファーストマクロ TOPページ