平成30年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問32
ETSI (欧州電気通信標準化機構) によって提案さ
れたNFV (Network Functions Virtualisation) に
関する記述として、適切なものはどれか。

 ア インターネット上で地理情報システムと拡張現実の
   技術を利用することによって、現実空間と仮想空間
   をスムーズに融合させた様々なサービスを提供する。
 イ 仮想化技術を利用し、ネットワーク機能を汎用サーバ
   上にソフトウェアとして実現したコンポーネントを用いる
   ことによって、柔軟なネットワーク基盤を構築する。
 ウ 様々な入力情報に対する処理結果をニューラルネット
   ワークに学習させることによって、画像認識や音声認識、
   自然言語処理などの問題に対する解を見いだす。
 エ プレースとトランジションと呼ばれる2種類のノードを
   もつ有向グラフであり、システムの並列性や競合性の
   分析などに利用される。



【正解】 イ

ETSI は、European Telecommunications Standards Institute の略である。

ア GIS (Geographic Information System) と AR (Augmented Reality) の
 融合サービスの記述であり、 GIS×AR や GIS/AR と表記されることもある。
イ 正しい。
NFVを直訳すると「ネットワーク機能仮想化」である。
ウ 
AI に関する記述である。
エ 
ペトリネットに関する記述である。
 プレース:条件、トラジション:事象、アーク:方向を表す図形を用いて表す。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問31 目次 問33
ファーストマクロ TOPページ