平成30年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問28
SQLにおいて、A表の主キーがB表の外部キーに
よって参照されている場合、各表の行を追加・削除
する操作の参照制約に関する制限について、正しく
整理した図はどれか。ここで、△印は操作が拒否され
る場合があることを表し、○印は制限なしに操作が
できることを表す。

 ア  ┌──┬──┐ イ  ┌──┬──┐
    │追加│削除│    │追加│削除│
 ┌──┼──┼──┤ ┌──┼──┼──┤
 │A表│ ○ │ △ │ │A表│ ○ │ △ │
 ├──┼──┼──┤ ├──┼──┼──┤
 │B表│ △ │ ○ │ │B表│ ○ │ △ │
 └──┴──┴──┘ └──┴──┴──┘
 ウ  ┌──┬──┐ エ  ┌──┬──┐
    │追加│削除│    │追加│削除│
 ┌──┼──┼──┤ ┌──┼──┼──┤
 │A表│ △ │ ○ │ │A表│ △ │ ○ │
 ├──┼──┼──┤ ├──┼──┼──┤
 │B表│ ○ │ △ │ │B表│ △ │ ○ │
 └──┴──┴──┘ └──┴──┴──┘



【正解】 ア

参照制約は、DBMSにおいて、データの追加や更新及び削除の際に、関連する
データ間で不一致を発生させないようにするものである。

A表の主キーがB表の外部キーに
よって参照されている例として、
B表が
売上表、A表が商品コードマスターのような場合が該当する。

売上表 (B表) に追加する時、商品コードマスター (A表) に存在しないコードが
指定された場合、操作を拒否する必要がある。
また、商品コードマスター (A表) から商品コードを削除する場合、
売上表 (B表) にレコードが存在する場合も、操作を拒否する必要がある。

従って、A表の行を削除する際と、B表に行を追加する際に
操作が拒否される場合がある。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問27 目次 問29
ファーストマクロ TOPページ