平成30年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問9
プロセッサの高速化技法の一つとして、同時に実行
可能な複数の動作を、コンパイルの段階でまとめて
一つの複合命令とし、 高速化を図る方式はどれか。

 ア CISC
 イ MIMD
 ウ RISC
 エ VLIW



【正解】 エ

ア 
CISC (Complex Instruction Set Computer) は、RISCマシンが考案されたときに
 その対語として呼ばれるようになったコンピュータのことである。
イ 
MIMD (Multiple Instruction/Multiple Data) は、複数の命令ストリームで複数の
 データストリームを処理する方式のこと。
 プロセッサごとに異なる命令を並列に実行させる。
ウ 
RISC (Reduce Instruction Set Computer = 縮小命令セットコンピュータ) は、
 個々の命令を単純化することによりパイプライン処理の効率を高め、処理性能の
 向上を図ったコンピュータのことである。
エ 正しい。
 
VLIW (Very Long Instruction Word) は、命令語を長く取り、一つの命令で複数の
 機能ユニットを同時に制御することによって高速化を図る方式のこと。
 命令間の依存関係がないように考慮され、命令が並び替えられている。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問8 目次 問10
ファーストマクロ TOPページ