平成30年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問6
異なる n 個のデータが昇順に整列された表がある。
この表を m 個のデータごとのブロックに分割し、
各ブロックの最後尾のデータだけを線形探索すること
によって、目的のデータの存在するブロックを探し出す。
次に、当該ブロック内を線形探索して目的のデータを
探し出す。このときの平均比較回数を表す式はどれか。
ここで、m は十分に大きく、n は m の倍数とし、
目的のデータは必ず表の中に存在するものとする。

 ア m + n/m
 イ m/2 + n/2m
 ウ n/m
 エ n/2m



【正解】 イ

N個のデータを線形検索した場合、平均比較回数は N/2である。
これを踏まえる。

ブロックの個数は n/m個であるから、
目的のデータが存在するブロックを探し出すための平均比較回数は
n/2m 回である。
さらに、当該ブロック内で目的のデータを探し出すための平均比較回数は
m/2 回である。

従って、平均比較回数は
m/2 + n/2m である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問5 目次 問7
ファーストマクロ TOPページ