平成30年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問3
再帰的な処理を実現するためには、再帰的に呼び
出したときのレジスタ及びメモリの内容を保存しておく
必要がある。そのための記憶管理方式はどれか。

 ア FIFO
 イ LFU
 ウ LIFO
 エ LRU



【正解】 ウ

ア 
FIFO (First In, First Out) は、先入れ先出しにより置換するアルゴリズムである。
イ 
LFU (Least Frequently Used) は、参照された頻度 (回数) が最も少ないものを
 置換対象とするアルゴリズムである。
ウ 正しい。
LIFO (Last In, First Out) は、後入れ先出しにより置換するアルゴリズムである。
エ 
LRU (Least Recently Used) は、参照されていない時間が最も長いものを置換対象と
 するアルゴリズムである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問2 目次 問4
ファーストマクロ TOPページ