平成30年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問30
RDBMSのロックの粒度に関する次の記述において、
a、bの組合せとして適切なものはどれか。

 並行に処理される二つのトランザクションがそれぞれ
一つの表内の複数の行を更新する。行単位のロックを
使用する場合と表単位のロックを使用する場合とを比
べると、ロックの競合がより起こりやすいのは  a  単位
のロックを使用する場合である。また、トランザクション
実行中にロックを管理するためのRDBMSのメモリ使用
領域がより多く必要になるのは  b  単位のロックを
使用する場合である。

   ┌───┬───┐
   │ a │ b │
 ┌─┼───┼───┤
 │ア│ 行 │ 行 │
 ├─┼───┼───┤
 │イ│ 行 │ 表 │
 ├─┼───┼───┤
 │ウ│ 表 │ 行 │
 ├─┼───┼───┤
 │エ│ 表 │ 表 │
 └─┴───┴───┘



【正解】 ウ

ロックの粒度はロックの範囲の大きさと考えるとよい。
行単位と、表単位では行単位の方が粒度が小さく、
表単位の方が、粒度が大きいと言える。
また、ロックの競合が起こりやすいのは、粒度が大きい方である。
従って、aには
が入る。

トランザクションが多ければ多いほど、メモリ使用領域は、多く必要になる。
従って、表単位でロックするよりも、トランザクション単位でロックする方が
メモリ使用領域がより多く必要になる。
トランザクション単位でロックするということは、行単位でロックすることになるため、
bには
が入る。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ  



問29 目次 問31
ファーストマクロ TOPページ