平成30年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問5
次の二つのスタック操作を定義する。
 PUSH :スタックにデータ (整数値) をプッシュする。
 POP:スタックからデータをポップする。
空のスタックに対して、次の順序でスタック操作を行った
結果はどれか。
 PUSH 1 → PUSH 5 → POP → PUSH 7
 → PUSH 6 → PUSH 4 → POP → POP
 → PUSH 3

 ア│ │  イ│ │  ウ│ │  エ│ │
  ├─┤   ├─┤   ├─┤   ├─┤
  │1│   │3│   │3│   │6│
  ├─┤   ├─┤   ├─┤   ├─┤
  │7│   │4│   │7│   │4│
  ├─┤   ├─┤   ├─┤   ├─┤
  │3│   │6│   │1│   │3│
  └─┘   └─┘   └─┘   └─┘



【正解】 ウ

スタックの状態は以下のように変化していく。
※便宜上、スタックの状態を左から順に表記する。

push 1 ・・・ 1
push 5 ・・・ 5, 1
pop   ・・・ 1
push 7 ・・・ 7, 1
push 6 ・・・ 6, 7, 1
push 4 ・・・ 4, 6, 7, 1
pop   ・・・ 6, 7, 1
pop   ・・・ 7, 1
push 3 ・・・ 3, 7, 1

従って、上から順に 
3、7、1が正解。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ  



問4 目次 問6
ファーストマクロ TOPページ