平成30年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問2
図の線上を、点Pから点Rを通って、点Qに至る最短
経路は何通りあるか。

 

 ア 16  イ 24  ウ 32  エ 60


【正解】 エ

高校数学の確率統計の問題である。
PからRまでは、左右方向の経路と上下方向を経路の
組合せであり、その経路は42=6通りある。
実際には
−−||
−|−|
−||−
||−−
|−|−
|−−|
の6通りである。

RからQまでも同様に、その経路は53通りある。

従って点Pから点Rを通って、点Qに至る最短経路は
42×53 = (4×3)/(2×1) × (5×4×3)/(3×2×1)
= 6×10 =
60通り

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ  



問1 目次 問3
ファーストマクロ TOPページ