本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 高度情報技術者試験問題と解説

問23

業務プロセスを可視化する手法としてUMLを採用した場合の活用シーンはどれか。

ア 対象をエンティティとその属性及びエンティティ間の関連で捉え、データ中心アプローチの表現によって図に示す。

イ データの流れによってプロセスを表現するために、データ送出し、データ受取り、データ格納域、データに施す処理を、データの流れを示す矢印でつないで表現する。

ウ 複数の観点でプロセスを表現するために、目的に応じたモデル図法を使用し、オブジェクトモデリングのために標準化された記述ルールで表現する。

エ プロセスの機能を網羅的に表現するために、一つの要件に対して発生する事象を条件分岐の形式で記述する。


正解


解説

UML (Unified Modeling Language) は、オブジェクト指向のソフトウェア開発において、データ構造やプロセス、オブジェクト間の関連性や振る舞いなどを図示するための記述ルールを定めたものである。

ア E-R図の説明である。E-R図(Entity Relationship Diagram)は、主にデータベースの設計に用いられる。
イ DFDの説明である。DFD (Data Flow Diagram) は処理とデータの流れを図式化する。
ウ 正しい。
エ BPDの説明である。BPD (Business Process Diagram) は、ビジネスプロセスをフローとして表記する。

問22 目次 問24