本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問77

ある商品の前月繰越と受払いが表のとおりであるとき、先入先出法によって算出した当月度の売上原価は何円か。
 ┌───┬────┬───────┬─────┐
 │   │    │  受払個数  │  単価  │
 │ 日付 │ 摘要 ├───┬───┤ (円) │
 │   │    │ 受入 │ 払出 │     │
 ┝━━━┿━━━━┿━━━┿━━━┿━━━━━┥
 │ 1日│前月繰越│100│   │ 200 │
 ├───┼────┼───┼───┼─────┤
 │ 5日│ 仕入 │ 50 │   │ 215 │
 ├───┼────┼───┼───┼─────┤
 │15日│ 売上 │   │ 70 │     │
 ├───┼────┼───┼───┼─────┤
 │20日│ 仕入 │100│   │ 223 │
 ├───┼────┼───┼───┼─────┤
 │25日│ 売上 │   │ 60 │     │
 ├───┼────┼───┼───┼─────┤
 │30日│翌月繰越│   │120│     │
 └───┴────┴───┴───┴─────┘

ア 26,290

イ 26,450

ウ 27,250

エ 27,586


正解


解説

先入先出法は先に仕入れたものから順に払い出しするという考え方に基づいて在庫などを評価する考え方である。

各日付の売上原価は以下のとおりである。
■15日
 70個の払い出しは、1日に仕入れたものだから、売上原価は
 70個×200円 = 14,000円

 この時点での在庫は 
 1日受入れ分:30個
 5日受入れ分:50個
 である。
 
■25日
 60個の払い出しのうち、30個は1日に仕入れたもの、
 残り30個は、5日に仕入れたものだから、売上原価は
 30個×200円+30個×215円
 = 6,000円+6,450円 =12,450円

従って、当月度の売上原価は
14,000円12,450円26,450円である。

問76 目次 問78