本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問64

システム化計画の立案において実施すべき事項はどれか。

ア 画面や帳票などのインタフェースを決定し、設計書に記載するために、要件定義書を基に作業する。

イ システム構築の組織体制を策定するとき、業務部門、情報システム部門の役割分担を明確にし、費用の検討においては開発、運用及び保守の費用の算出基礎を明確にしておく。

ウ システムの起動・終了、監視、ファイルメンテナンスなどを計画的に行い、業務が円滑に遂行していることを確認する。

エ システムを業務及び環境に適合するように維持管理を行い、修正依頼が発生した場合は、その内容を分析し、影響を明らかにする。


正解


解説

ア システム開発プロセスの中の、システム方式設計プロセスや、ソフトウェア実装プロセスの中の、ソフトウェア詳細設計プロセスで実施する事項である。
イ 正しい。システム化計画の立案を経て、企画プロセスに進む。
ウ 運用プロセスで実施する事項である。
エ サービスマネジメントプロセスで実施する事項である。

問63 目次 問65