本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問24

列車の予約システムにおいて、人間とコンピュータが音声だけで次のようなやり取りを行う。この場合に用いられるインタフェースの種類はどれか。

〔凡例〕
P:人間
C:コンピュータ

P “5月28日の名古屋駅から東京駅までをお願いします。
C “ご乗車人数をどうぞ。
P “大人2名でお願いします。”
C “ご希望の発車時刻をどうぞ。”
P “午前9時頃を希望します。”
C “午前9時3分発、午前10時43分着の列車ではいかがでしょうか。”
P “それでお願いします。”
C “確認します。大人2名で、5月28日の名古屋駅午前9時3分発、東京駅午前10時43分着の列車でよろしいでしょうか。”
P “はい。”

ア 感性インタフェース

イ 自然言語インタフェース

ウ ノンバーバルインタフェース

エ マルチモーダルインタフェース


正解


解説

ア 感性インターフェイスは、人の感性や心理状態に応じて、人とコンピュータを結びつける
 インターフェイスのことである。
イ 正しい。自然言語インターフェイスは、自然言語で人とコンピュータが対話するインター
 フェイスのことである。
ウ ノンバーバルインタフェースは、音声を使わず、ジェスチャーや表情などで人とコンピュータを結びつけるインターフェイスのことである。
 なお、verbal には「口頭の」「言葉の」という意味がある。
エ マルチモーダルインタフェースは、主に視覚、触覚、聴覚を併用して使い、人とコンピュータを結びつけるインターフェイスのことである。
 VR (Virtual Reality = 仮想現実) などに使われている。

問23 目次 問25