本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問21

DRAMの説明として、適切なものはどれか。

ア 1バイト単位でデータの消去及び書込みが可能な不揮発性のメモリであり、電源遮断時もデータ保持が必要な用途に用いられる。

イ 不揮発性のメモリでNAND型又はNOR型があり、SSDに用いられる。

ウ メモリセルはフリップフロップで構成され、キャッシュメモリに用いられる。

エ リフレッシュ動作が必要なメモリであり、PCの主記憶として用いられる。


正解


解説

ア EEPROM (Electrically Erasable and Programmable Read Only Memory) の説明である。

イ フラッシュメモリの説明である。SSD はSolid State Driveの略である。

ウ SRAM (Static Random Access Memory) の説明である。
SRAMは読書き自由なRAMの一種で、コンピュータの電源を落とすと、記憶内容も消える揮発性メモリであり、一定時間毎に再書込み動作 (リフレッシュ動作) を行う必要がない。

エ 正しい。DRAMは Dynamic Random Access Memory の略である。
読書き自由なRAMの一種で、揮発性メモリである。リフレッシュ動作を行う必要がある。

問20 目次 問22