平成29年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問76
いずれも時価100円の株式A〜Dのうち、一つの株式に
投資したい。経済の成長を高、中、低の三つに区分した
ときのそれぞれの株式の予想値上がり幅は、表のとおりで
ある。マクシミン原理に従うとき、どの株式に投資することに
なるか。

                 単位 円
 ┌───────┬───┬───┬───┐
 │  経済の成長│ 高 │ 中 │ 低 │
 │株式     │   │   │   │
 ├───────┼───┼───┼───┤
 │   A   │ 20│ 10│ 15│
 ├───────┼───┼───┼───┤
 │   B   │ 25│  5│ 20│
 ├───────┼───┼───┼───┤
 │   C   │ 30│ 20│  5│
 ├───────┼───┼───┼───┤
 │   D   │ 40│ 10│−10│
 └───────┴───┴───┴───┘

 ア A  イ B  ウ C  エ D



【正解】 ア

マクシミン原理は、最悪の場合を想定し、その中でも最も利得が
大きくなるものを選択することである。

それぞれの株の最悪の場合の利得は
株式A 
10円
株式B 5円
株式C 5円
株式D −10円

従って、株式Aに投資することになる。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問75 目次 問77
ファーストマクロ TOPページ