平成29年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問62
事業目標達成のためのプログラムマネジメントの考え方として、
適切なものはどれか。

 ア 活動全体を複数のプロジェクトの結合体と捉え、
   複数のプロジェクトの連携、統合、相互作用を通じて
   価値を高め、組織全体の戦略の実現を図る。
 イ 個々のプロジェクト管理を更に細分化することによって、
   プロジェクトに必要な技術や確保すべき経営資源の
   明確化を図る。
 ウ システムの開発に使用するプログラム言語や開発手法を
   早期に検討することによって、開発リスクを低減し、
   投資効果の最大化を図る。
 エ リスクを最小化するように支援する専門組織を設ける
   ことによって、組織全体のプロジェクトマネジメントの
   能力と品質の向上を図る。



【正解】 ア

プログラムマネジメントの
プログラムは、複数のプロジェクトの結合体の
構成要素のことを指す。
PMBOK 第5版では、プログラムマネジメントを以下のように定義している。
プログラムの戦略目標と成果価値を達成するために、プログラム全体の
調和を保ちつつ一元的にマネジメントすること


ア 正しい。 
イ プロジェクト管理を更に細分化することではない。
ウ プログラムマネジメントのプログラムは、ソースコードを作成する
 プログラムの意味ではない。
エ PMO (Project Management Office) の考え方である。
 PMO (Project Management Office) は、組織全体のプロジェクト
 マネジメントの能力と品質の向上を図るために設置された、
 リスクの最小化を支援する専門組織のことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問61 目次 問63
ファーストマクロ TOPページ