平成29年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問51
期間10日のプロジェクトを、5日目の終了時にアーンドバリュー分析
したところ、表のとおりであった。現在のコスト効率が今後も続く場合、
完成時総コスト見積り (EAC) は何万円か。


 ┌──────────┬─────┐
 │   管理項目   │金額(万円)│
 ├──────────┼─────┤
 │完成時総予算(BAC)  │ 100 │
 ├──────────┼─────┤
 │プランドバリュー(PV)│  50 │
 ├──────────┼─────┤
 │アーンドバリュー(EV)│  40 │
 ├──────────┼─────┤
 │実コスト(AC)    │  60 │
 └──────────┴─────┘

 ア 110  イ 120  ウ 135  エ 150



【正解】 エ

EVM (Earned Value Management = アーンドバリュー分析(管理)) は、
プロジェクトの費用とスケジュールの観点から当初計画と実績を
比較して進捗管理する管理手法である。

PVが50万円であることから、5日目に50万円の
価値創出を計画していたが、
実際にはEVが40万円であり、40万円分の価値しか創出
できておらず、計画より遅れている。

また、40万円分の価値創出に対し60万円の実コストが
発生している。

従って、現在のコスト効率が今後も続く場合の完成時総コストは
 40:60 = 100:総コスト
 総コスト = 100×60/40 = 
150万円 
と見積もることができる。
 

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問50 目次 問52
ファーストマクロ TOPページ