平成29年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問30
ビッグデータの利用におけるデータマイニングを説明したものはどれか。

 ア 蓄積されたデータを分析し、単なる検索だけでは分からない
   隠れた規則や相関関係を見つけ出すこと
 イ データウェアハウスに格納されたデータの一部を、特定の用途や
   部門用に切り出して、データベースに格納すること
 ウ データ処理の対象となる情報を基に規定した、データの構造、
   意味及び操作の枠組みのこと
 エ データを複数のサーバに複製し、性能と可用性を向上させること



【正解】 ア

ア 正しい。マイニング(mining)=発掘である。
イ 
データマートの説明である。
ウ 
データモデルの説明である。
エ 
クラスタシステムは、複数のコンピュータを結合して1つのコンピュータの
 ように振る舞うシステム構成のことである。
 
データレプリケーションは、データを複数のサーバに複製し、信頼性を
 向上させることである。
 問題はどちらの説明かは不明。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問29 目次 問31
ファーストマクロ TOPページ